my 焼酎 ランキング
1位:特選さつま白波
2位:花と蝶
3位:伊佐美
4位:黒白波
5位:三岳
6位:坊津
7位:一どん
8位:佐藤 黒
9位:界
10位:島美人
以前の記事
2005年 10月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月
2004年 08月
2004年 07月
2004年 06月
2004年 05月
2004年 04月
2004年 03月
2004年 02月
カテゴリ
全体
音楽
焼酎
京都
知的財産
雑文
屋久島
旅行
未分類
最新のコメント
[URL=http:/..
by abbyhqn at 21:04
[URL=http:/..
by abbyxhu at 21:04
[URL=http:/..
by abbyetw at 21:04
[URL=http:/..
by abbyisa at 21:04
[URL=http:/..
by abbyotp at 08:54


カテゴリ:焼酎( 10 )

芋+麦の焼酎ってどういうこと!?

東京の焼酎らしい。
ラベルがいかにも「稀少ですっ!」って雰囲気を醸し出してる。


青酎【日本酒専門店 丸河屋】

クリックするとお店のページに飛びます。

焼酎ばっかり注文して飲んでると、店員さんから「お客さん焼酎お好きなんですか?実は今、珍しいのが入ってまして・・・」なんて、声をかけられること、よくあったりしますよね。
で、期待して銘柄を聞くと、フツーに知ってる焼酎だったりする。がっかり。
「限定の焼酎」とか「幻の焼酎」って冠詞が付く焼酎って、名前は有名だし(笑)。ちょっとした焼酎BARならどこでも置いてるから、全然幻でもなんでもない(笑)。

そんな時「せっかくですけど『黒白波』お願いします」って言っちゃう俺は天邪鬼(笑)。
だって黒白波のほうがおいしいもの。


今回もそんな感じに、「珍しい焼酎」という触れ込みで紹介されたのがこの「青酎」。
知らない銘柄だったし、「東京の焼酎って珍しいな」と思い、一飲させてもらった。

芋・・・?
でもどう考えても芋焼酎の香りじゃない。結構クセがあって・・・こりゃ、嫌いな人は嫌いだろうな、と、香りを嗅いだ時点でそう思った。

九州以外の焼酎で、芋ってあんまり見かけないし、芋ではないだろうな・・・。
と思ったけど、かといって麦や米の香りがするでもない。

初体験の不思議な味わいに戸惑ってると、そのBARのマスターが正解を教えてくれた。
麦+芋、ということらしい。

なるほど、と納得し、さらに飲み進める。
・・・やっぱり個性が強い。「酸味」っていうのもちょっと違う感じ。
元々、麦焼酎はどちらかというと苦手で、この「青酎」も一口目は抵抗があった。でも飲み進める内、それがだんだんクセになってくるから面白い。


「もう普通の焼酎じゃ満足できないっ!」とお嘆きのアナタにぴったり(笑)。
[PR]
by yadoringdream | 2005-05-25 22:42 | 焼酎

屋久島で飲んだ焼酎

「三岳」
a0006466_2348231.jpg

屋久島で、華のやのご主人にいただいたのが「三岳」。

どこかの焼酎販売サイトで、ランキング1位になってました。
飲みやすかったし、まあ頷ける味だったと思います。

一月前の味なんでほとんど覚えてないけど(笑)。

ただ、やはり評判のせいで、本土からのブローカーが増えてるらしく、島の人たちの手に渡りづらくなっているのが現状とのこと。島内の季刊誌にもそんな記事がありました。
メーカーとしても、増産には設備投資(排水とか)が必要なわけで、いつ終わるともわからない焼酎ブームに乗せられるわけにはいかないらしい。

ブームの影にはこういう面もあるもんで、そんなんにおどらされないようにしないとなと思いますよホント。
[PR]
by yadoringdream | 2004-12-03 23:49 | 焼酎

今、呑んでいる焼酎

どうも。
最近更新が止まってます。どうやら仕事が忙しすぎるのと、精神がかなりすさんでいるのが原因のようです(笑)。

ま、そうなるとやっぱり酒に逃げてしまうわけなんですけど(笑)。
今日呑んだのは(っていうか今呑んでるのは)、「界」という焼酎です。

a0006466_11147.jpg


あの「魔王」を作った杜氏さんが、焼酎オーソリティオリジナルの焼酎として作ったものらしいです。
焼酎オーソリティでしか売ってないみたいなので、地方の方はNET以外で手に入れるのは難しいですね。

香りは、まあ普通の芋焼酎です。特に香りがキツイ、という感じはしませんでした。
味のほうは、舌と喉にちょっとピリッとした感触があって、少し辛めな味だと思います。
ただ、うちのオフクロさんに飲ませたところ、「飲みやすい」と申しておりましたので、女性でも気軽に楽しめると思います。

東京近辺在住で、汐留に行くのが苦でない方は、ぜひ焼酎オーソリティに行って買ってみてください。
僕は、汐留に行くのは正直行って苦ですが(笑)、買いに行きます。
[PR]
by yadoringdream | 2004-07-04 01:13 | 焼酎

父の日のプレゼント

明日(といっても後10分くらい先のことですが)は父の日ですね。
ウチの親父さんも、僕と同じように焼酎大好きっ子なので、当然のことのようにプレゼントの品は焼酎になりました。
買ったのは「坊津(ぼうのつ、と読みます)」です。

a0006466_0624.jpg


ウチの親父さんは保守的でして、基本的に「黒白波」「花と蝶」以外の焼酎は口にしたがらないのですよ。
もう、ホントに困る(笑)。今までにも焼酎を何本かプレゼントしたんですけど、ほとんど一口くらいしか飲んでないもんな。残りは俺が飲んでたもんな(笑)。

で、今回も「まあ結局飲んではもらえないんだろ~な」と半ばあきらめモードで買っていったんですわ。
この「坊津」を。
なんでこの焼酎を選んだかというと、「薩摩酒造の焼酎だったから」っていうだけなんですね(笑)。薩摩酒造とは多少の縁(本当に多少ですけど)があるんで、ちょっとは口にしてくれるかな?と期待を込めて。

実家に帰って(一人暮らしの家からは、一時間くらいで帰れるのです)、夕食時に栓をあけました。まだ父の日ではないのにね(笑)。しかも僕が栓をあけてるし(笑)。しかも最初に飲んだのも僕(笑)。どないやねんと。

で、正直、味は期待してなかったんですけど。これがまたびっくり。ンマイ。
元杜氏の叔父がいう「旨い焼酎は、舌に刺激を与えない」という条件を見事にクリアしてました。きわめて飲みやすい。
しかも、匂いもキツくないので、芋焼酎の香りが苦手な方には本当にオススメ。
僕の焼酎ランキングのBEST5内に食い込む勢いです。
いやホントに、買って飲んでみてください。だまされたと思って。

ウチの親父さんも「もう一本買って来い」と仰せられておられました。
うん、ふざけんな(笑)。
[PR]
by yadoringdream | 2004-06-20 00:07 | 焼酎

森井蔵の偽物

森井蔵 偽物がオークションに

う~ん。ついにこんな事態になりましたねぇ。
昨今の過度の焼酎ブームの中、これを一番危惧していたのですが・・・。
まあ、僕は森井蔵を好んで飲んだりしないからいいんですけど(笑)。

焼酎の味を判別するのって、呑み慣れていないと難しいんじゃないですかね?
はっきりいって、僕も無理(笑)。
「利き酒」みたいな状況ならばともかく、ラベル等が偽造されてるわけだし・・・。

でも「森井蔵」みたいにクセが強い焼酎とか、好きな焼酎なら、味の区別もできるかもなぁ・・・どうだろ?
[PR]
by yadoringdream | 2004-05-10 22:22 | 焼酎

変わった焼酎ご紹介

さて、焼酎のご紹介です。
今日は「カボチャ焼酎」の「香華」。

a0006466_221950.jpg


おとといでしたかね、これ呑んだのは。
友人と二人で、ブらリと入った居酒屋にありました。「南瓜焼酎」って書いてあったから、「おい、『南瓜』って、なんて読むの?」なんて聞いたりして、自分の無学さを披露することにもなりました。
ていうか、「スイカ焼酎ください」って注文しちゃったもんな(笑)。店員さんもキョトンとしてたわ(スイカは『西瓜』です)。

で、実際の中身なんですけどね。
香りは、想像してた香りとは全然違ってました。「パンプキン☆」って感じの香りを想像してたんですが、マジで「南瓜」って感じの香りだった。
なんつうか、カボチャの皮の匂い、あの多少青臭い匂いっていうか。

「うわ~、やっぱり芋焼酎にしときゃよかったな~」なんて思ったんですよその時は。
でも、イザ呑んでみると。
これがけっこうイケるんですよ(笑)。
けっこう甘口で、呑みやすい感じなんですよね。水割りだったからかもしれないですけど。
居酒屋で見かけたら、呑んでみてはいかがでしょうか。

あ、でも、カボチャ味じゃないですよ(笑)。
[PR]
by yadoringdream | 2004-05-04 22:20 | 焼酎

ひさびさに焼酎紹介。

おつです。昨日から変な咳がとまりません。
それはさておき、ひさびさに焼酎のご紹介。

a0006466_03128.jpg


「さつま白波 黒」です!
前にも紹介したっけ?まあいいや(笑)。

一人暮らしの部屋にも、東京の実家にも、この焼酎は必ず置いてあります。絶対に切らすことはありません。
・・・とかいいつつ、家においてある一本を今飲みきっちゃった(笑)。明日買いにいかないと。

この焼酎は、「森伊蔵」とか「村尾」とか「伊佐美」みたいな、誰もが飲みたい、と思う焼酎ではないでしょう。店によっては、「森伊蔵」は20,000円出しても買えませんが、「黒白波(正確な名称ではないですがあえてこのように略します)」は2,000円だせばお釣りがきます。
でも僕の中では、両者は同格です。まさに芋焼酎に貴賎なし。
元杜氏の叔父さんは黒白波を指して「最近の若いモンが作った焼酎にしては上出来」とか言ってました(笑)。

ロック、水割、お湯割。どんな飲み方でもグイっとどうぞ。
例えば、GWなのに仕事しなきゃいけないと判明した、そんな夜に。
例えば、週末スタジオなのに作曲に煮詰まってる、そんな夜に。
例えば、変な咳が止まらなくて、咳止め薬を飲んでも止まらなくて、こないだ別れたばかりの彼女に連絡したら「じゃ次の休日に風邪薬もってってあげる」とか優しい言葉かけられた、そんな夜に(笑)。
[PR]
by yadoringdream | 2004-04-29 00:32 | 焼酎

昨日飲んだ栗焼酎

今日、会社の同期と飲み会だったので、焼酎飲んできました。

a0006466_234751.jpg


この焼酎、栗焼酎の「媛囃子 ゆり」という焼酎です。
栗焼酎といえば、「ダバダ火振」がやはり一番有名で、僕もお気に入りの一本として数えていますが、他の栗焼酎というのははじめて飲みました。

味、香りともに、やはり「ダバダ火振」の方がいいと思いますが、この焼酎もそれなりにおいしいと感じました。
難を言えば、芋焼酎に感じる「味の太さ」というか、濃ゆい部分があまり感じられなかったというところが残念です。
逆に、焼酎をあまり飲んだことのない方には親しみやすいかと思います。

・・・まあ、栗の味も匂いもしないですね(笑)。
[PR]
by yadoringdream | 2004-03-23 23:48 | 焼酎

おととい飲んだ焼酎

おとといは、学生時代に勤めていたバイト先で飲み会があったので参加してきました。
卒業して2年も経ってるのにね(笑)。

で、そこで飲んできましたよ焼酎。その名も「かぼすのお酒」。

一応、かぼすの焼酎ってことなんでしょうけど、そんなに高い焼酎でもないし、WEBで写真も見つからなかったので有名なものではないのでしょう。
お店で売ってるのを見たこともないです。
僕は居酒屋「笑笑」でこの焼酎を飲みました。同じ系列の他の居酒屋にもあるかもしれないですね。

まあ、味も香りもとっつきやすくて、あんまり焼酎ってイメージではないです。
どちらかというと、コンビニとかで売ってる缶チューハイみたいな感じですね。
安いし、悪い印象もなかったので、これからも見かけたら注文すると思います。
[PR]
by yadoringdream | 2004-03-21 23:29 | 焼酎

今日飲んだ焼酎2

どうも。
今日ご紹介する焼酎は、牛乳焼酎「牧場の夢」です。

a0006466_22546.jpg


昨日、友人数人と草津に旅行にいっておりました。
んで、当然のごとく、夜に酒飲むべ~ってことになりまして、近くの酒屋にログインして大量に酒を買い込みました。
友達はビールやら日本酒やら買いあさってた。
で、自分は焼酎マニヤですから、やっぱり焼酎だけ買い込むわけですな。それはもう義務であるかのように。

そしたら見つけちゃったじゃないですか。

「牛乳焼酎 牧場の夢」

ぎ・・・牛乳?
一瞬、固まりましたよ。流石にそんなものがこの世に存在するとは思わなかったもので・・・。
っていうか、野菜や穀類以外の原料で焼酎を作ったりしてるとは・・・。

まあ、味に期待はしなかったものの、BLOGのネタになりそうだなと(笑)それだけの理由で買いました。720mlで1700円。たけぇよ。


同封されていたチラシによると、原料は「米+牛乳+温泉」とのこと。おいおい温泉て。牛乳だけでも驚愕なのに温泉て。
まあ・・・原料がどうでも、うまけりゃいいんですよね。で、実際に飲んでみました(ロックで)。

香りからレポートします。
・・・「フルーティな香り」と記載されていますが、まっとうな焼酎好きとしては耐えられない香りです(笑)。慣れれば平気かもしれないですが・・・。
なんというか、化粧品の匂いみたい、って思いました。

続いて、味のレポートです。
・・・え~っと、ありえないとは思いますが関係者の方がこのBLOGをごらんになる可能性も否定できませんし、営業妨害だと言われてしまうのかもしれないので詳細説明は控えさせていただきたいと思います(笑)。

まあぶっちゃけると、二度と買いません(笑)。
普通の芋焼酎の720mlなら一週間、場合によっては一日で飲み干すこともありますが、この焼酎は1年経っても余ってる気がします。
思いっきり水で薄めてからなら、なんとか口にできます(笑)。

健康にいいということですし、乳液のように肌に直接塗るという使用方法もあるそうなので、そうやって使い切りたいと思います。

最後に一言。
「焼酎は、やはりコンサバティブであれ(笑)」

画像はこちらから引用させていただきました。問題があれば削除いたします。
また、多少批判的な文章が含まれておりますが、私の個人的な感想であり、他意はございませんのでご了承ください。

[PR]
by yadoringdream | 2004-03-15 22:55 | 焼酎